私のブログを通じて、株式投資の有益な情報を読者の皆さんと共有できたら幸いです。

セントラルスポーツの株に投資すべきか?株主優待からチャート分析の全て

決算説明・事業の状況

 

(決算説明動画)

 

【セントラルスポーツの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

 

当フィットネス業界におきましては、超高齢社会における国民医療費の負担増、生産年齢人口の減少、労働人口の高齢化などの国家的問題に対し、「日本国民の健康に寄与する」ことで貢献していく役割が益々大きくなってきております。

 

また、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催や働き方改革の普及によるライフスタイルの改善などにより、国民の健康・スポーツに対する関心も更に高まってきていることから、マーケットの拡大が進んでまいりました。その影響により、異業種からの新規参入、小型店や特化された専門店等の店舗拡大が進んでおり、消費者ニーズの掘り起こしによる新たなサービスを創造する機運が高まっております。

 

また、社会的には、人材不足や原材料費等の高騰によるコスト上昇の影響も避けられないと予想しております。このような中、セントラルスポーツグループにおきましては、社会環境の変化に対するスピーディな対策を図っていくことが重要と考えております。

 

経営基盤の強化として、人材の確保と育成、既存事業の収益力向上、有利子負債の圧縮による自己資本比率の向上、キャッシュ・フロー経営を引き続き実践し、同時に積極的かつ適正な新規出店計画を実践するとともに、経営理念である『0歳から一生涯の健康づくりに貢献する』に基づいた新たな分野での事業創出に努めていく必要があります。

 

(1)経営理念・経営方針

 

『0歳から一生涯の健康づくりに貢献する』

 

セントラルスポーツグループは、経営理念として上記を掲げ、すべての世代のすべての方々にご満足いただける質の高いサービスの提供に努めるとともに、健康の重要性やスポーツの素晴らしさを社会へ広く伝えてまいります。

 

スポーツクラブ運営事業につきましては、顧客満足度の向上を指針とし、継続率の向上を目指し、お客様の健康づくりに寄与できるよう、地域コミュニティづくりと新たな価値の創造に努めます。同時にウェルネスサポート事業として、企業向けサービスの充実、介護予防事業、地域創生支援などを推進してまいります。

 

また、創業時より取り組んでまいりました「世界に通用するアスリートの育成」に力を入れるとともに、働きやすく働きがいのある企業であるよう従業員満足度の向上に持続的に努め、CSR活動への取り組みも進めてまいります。

 

そして経営理念『0歳から一生涯の健康づくりに貢献する』に基づく全てのサービスを事業領域と捉え、今後更なる社会的価値の向上に努めてまいります。

 

(2)経営成績等の状況の概要

 

当連結会計年度におけるわが国経済は、原材料価格の高騰や人材不足に伴う人件費や物流費の上昇など不安材料があるものの、企業収益の改善や個人消費の持ち直しで緩やかな回復基調となりました。世界経済は各国での政治情勢の変化に左右されながらも、米国の景気拡大や欧州の安定的成長を中心に堅調に推移しました。

 

当フィットネス業界におきましては、特定のサービスに特化した新興企業や新規参入企業の展開、IT分野での新たな健康サービスの提供等により、競争は激しくなってまいりましたが、健康に対する関心はますます大きくなり、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、スポーツへの注目も高まり、市場は成長傾向にあります。

 

このような環境の中、セントラルスポーツでは経営理念である『0歳から一生涯の健康づくりに貢献する』に基づき、より多くの皆様の健康に寄与できるよう高品質なサービスの提供に努めるとともに、健康・スポーツの重要性と素晴らしさを多くの皆様に普及啓発してまいりました

 
page top