私のブログを通じて、株式投資の有益な情報を読者の皆さんと共有できたら幸いです。

UUUMの株に投資すべきか?株主優待からチャート分析までの全て

事業の状況

 

【事業の内容】

 

UUUMグループは「セカイにコドモゴコロを」を経営理念として掲げ、今までにない楽しみを「コドモゴコロ」ある発想で生み出し、新たな文化・価値を創造するコンテンツカンパニーです。テレビ、ラジオなどをはじめ、従来のメディアではコンテンツを制作・発信する人とそれを体験する人は別々でした。

 

しかし、インターネットの普及により、誰もがコンテンツを発信することが可能となり、一方の受け手も視聴するコンテンツが多様化してきました。一個人がコンテンツの受け手から送り手になり、そこにまたファン・視聴者等が生まれるという循環が起こり、新たなブームや文化を生む原動力となっています。

 

UUUMグループは個人のメディア化を後押しし、新時代のエンタテインメントをリードする中心的存在を目指しています。 UUUMグループでは、コンテンツを発信している個人を総称してクリエイターと呼んでおります。

 

UUUMグループは動画コンテンツ事業の単一セグメントでありますが、これらクリエイターの活動をサポートし、クリエイターとともに様々なコンテンツを世の中に提供する「クリエイターサポートサービス」と、クリエイターと親和性のあるコンテンツの開発・制作を行う「自社サービス」を展開しております。

 

(1)クリエイターサポートサービス

 

UUUMに所属するクリエイターは、専属プロデュース契約を締結する専属クリエイターと、MCN規約に同意するネットワーククリエイターの2種類の形式が存在し、それぞれが1つもしくは複数のYouTubeチャンネルを保有しています。

 

UUUMではクリエイターに対して、様々なサポートを提供しております。具体的には、タイアップ案件における企業との架け橋、リアルイベント企画、グッズの販売など、個人では難しい取り組みのサポートに加えて、動画制作に利用可能な素材の提供や、人気のあるクリエイターとの共演機会の提供など、動画視聴者増加につながるサポートの提供を行っております。

 

また、著作権、肖像権、景品表示法等の各種ガイドラインの提示や研修の実施を通じて、コンテンツの健全化を図っております。なお、専属クリエイターとネットワーククリエイターでサポート内容は異なっております。

 

これらサポートへの取り組みの結果、平成30年6月30日時点のYouTubeチャンネル登録者数ランキングにおいて、トップ10のうち8チャンネルをUUUM所属クリエイター(注3)が占めるなど、国内MCNとして最大手のポジションを築いております。

 

UUUM所属クリエイターの単月動画再生回数は平成28年5月期平均で11.5億回であったのに対し、平成29年5月期平均では19.4億回、平成30年5月期平均では28.1億回と順調に拡大しております。また、平成30年5月31日時点において、UUUMの専属クリエイターは251名、専属クリエイター、ネットワーククリエイターを含めた所属チャンネル数は5,877チャンネルです。

 

リエイターサポートサービスにおける収益は大きく2つあり、1つはYouTube上に流れる広告による収益の一部をYouTubeから受領するアドセンス収益です。一般的に、YouTube上の動画視聴に付随して発生する広告収益のうち一部がアドセンス収益としてクリエイターに還元されておりますが、UUUM所属のクリエイターがYouTubeに投稿した動画の場合、UUUMがクリエイターのアドセンス収益を一括して受け取り、受領額をUUUM収益として計上し、その一部をクリエイターに支払います。

 

UUUMはアドセンス収益の拡大に向けて、新たなクリエイターのスカウト活動や、クリエイターへの各種サポートの充実、クリエイターの新たな活動機会の創出などに努めております。

 

もう1つはタイアップ動画を中心とする広告収益です。タイアップ動画とは顧客企業の商品やサービスを紹介した動画をクリエイターが制作し、自身のチャンネルで公開するというもので、顧客企業より対価としてプロモーション料を受領し、受領額をUUUM収益として計上し、その一部を動画制作費としてクリエイターに支払います。

 

UUUMの営業部門が広告主や広告代理店に対してクリエイターを活用したプロモーションの提案を行い、案件受注後は公開日に向けてクリエイターのタイアップ動画制作をサポートしていきます。

 

案件の獲得増加に向けて、UUUMは同広告の効果測定やセミナーを通じた広告主の啓蒙活動を行っております。また、UUUMはステルスマーケティングを防止すること、および優良誤認を防止することを目的に提供表示に関するガイドラインを策定しており、大手広告主や代理店からの信頼獲得に努めております。タイアップ動画の特徴として主に以下の点が挙げられます。

 

@クリエイターの影響力

 

タイアップ動画は一般的な動画広告とは違い、視聴者は自分の好きなクリエイターのコンテンツを見ます。また、クリエイターもコンテンツとしてのエンタテインメント性や普段のコンテンツとの親和性を意識して制作いたします。

 

こうした背景により、タイアップ動画内や概要欄にタイアップ動画であることを示す提供表示を記載するものの、視聴者としては一つのコンテンツとして楽しむため、より親近感や物語性などをもって広告メッセージを伝えることができます。

 

A視聴態度

 

一般的なテレビCMは多くの視聴者にリーチ出来るメリットがある一方、テレビ番組の視聴者に対して半強制的に視聴させるため、視聴態度は受動的になりがちです。一方、クリエイターを使ったタイアップ動画は、視聴者はそれがタイアップ動画であると知りつつも能動的に視聴するため、より効果的に情報を伝えることができます。

 

Bコンテンツ情報量

 

一般的なテレビCMは視聴時間が15秒〜30秒であるのに対して、タイアップ動画の視聴時間は5分〜10分であるため、より多くの情報を視聴者に伝えることができます。多くのクリエイターはYouTube上だけでなく、他のソーシャルメディア上でもファンを抱えています。

 

そのため、YouTube上のタイアップ動画以外でも、TwitterやInstagramなど他のプラットフォーム上でのタイアップや、広告主との協賛イベントの開催など、YouTube以外でもプロモーション活動の幅が広がっております。

 

これらの収益も広告収益に計上されています。アドセンス収益や広告収益以外にも、グッズの販売収益、イベントのチケット販売収益や協賛金売上、ファンクラブ会員収益、音楽販売収益、書籍等の印税収益などを、クリエイターサポートサービスとして計上しております。グッズ:クリエイターのファンに向けて、様々なオリジナルグッズの販売やLINEスタンプの販売を行っております。

 

受注生産型、オンデマンド型、在庫販売型、イベント販売など、クリエイターやグッズの種類に応じて最適な形でそれぞれのグッズの販売を行っております。主にグッズ販売による売上を収益として計上しております。

 

イベント:クリエイターの魅力をリアルな場で体感してもらうことを目的に、所属クリエイターが出演するイベントを開催しております。具体的には、人気クリエイターが勢ぞろいする「U-FES.」、クリエイターごとに開催している「ファンミーティング」などを定期的に開催しております。

 

イベント開催に伴うチケット収入や協賛金などを主な収益として計上しております。

 

(2)自社サービス

 

自社サービスはUUUMオリジナルコンテンツへの投資や、クリエイターと親和性の高い新規サービスに投資を行い、収益拡大を目指す事業であります。具体的には、チャンネル運営や実況動画と親和性の高いゲームの開発などを行っております。

 

チャンネル運営:株式会社講談社と共同運営する「ボンボンTV」やJukin Mediaとの提携により運営する「Video Pizza」など、自社チャンネルや提携チャンネルの運営および番組制作を行っております。

 

番組制作料、YouTube上の広告収益に基づくアドセンス収益を主に計上しております。

 

ゲーム実況はYouTube上の人気ジャンルの1つであり、多くのゲーム会社からタイアップ動画の案件を頂いております。そうした中、UUUMグループでもゲーム実況動画と親和性の高いゲームを開発することで、クリエイターに対してコンテンツ創りのきっかけを提供しつつ、ゲームとしての業績拡大にもつなげています。主にゲームの中で掲載される広告からの広告収益やゲーム内での課金を収益として計上しております。

 

UUUMグループでは、クリエイターへの支払い金額の集計や振込業務などの支払い業務全般を、子会社であるUUUM PAY株式会社を通じて行っております。

 
page top